岐阜と愛知で一生愛着の持てる家を自由に建てる!
大工と造るデザイン住宅が「あなたの家」を実現します。

木の温もりの新築デザイン住宅 四季の家工房  
 
細かい仕事もお任せください
 
 
トップページに戻る
 
完全自由設計の新築/リフォーム
  • トップ
  • 四季便りバックナンバー2018
四季便りバックナンバー
 
最新<<20172016201520142013>>最初
 
2018.01.29
怒涛の1月が終わろうとしています…と、先回はこれを書こうとして大いに脱線してしまいましたので、今回は本題に触れてまいります。

外壁の型枠 年末の日記でも少し触れたのですが、これは昨年から新たなチャレンジとして試作を重ねているコンクリートの型枠なのです。主に住宅を作らせていただいている僕たちとしましては、「型枠」と言うと基礎の型枠くらいしか思いつかなかったのですが、これはもっと規模の大きな建物の外壁となるコンクリートのパネルを作るための型枠です。要は、建築物そのものを作るのではなく、建築物のパーツとなる製品を作るための型枠なのです。

そのため、現場で組む型枠のような単純な形ではなく、上下階の噛み合わせ部や床面との絡み、気密防水のためのゴムパッキン材をはめ込む溝、施工上必要な吊リ金具を取り付ける仕込みなど、けっこう細かい作り込みが必要です。

すでに昨年いくつか納品させていただいたのですが、それらは一回コンクリートを打設した後はバラバラに分解してしまう、言わば一回きりの使用を目的にした型枠でした。図面の読み込みからして慣れない作業だったこともありかなり頭を悩ませての作業でしたが、これらについては一定の評価をいただいたようで僕たちとしてもある程度のノウハウは得られたと思っていました。

ところが…今回いただいたのは更に難題となる「繰り返し使える木製型枠」というお題でした。しかも輸出向け!更に、組み立て、解体、再組立てという一連の作業を行うのは大工経験のない一般の作業員とのことで、要は木工の素人でも扱えるようなシステム化された型枠を設計、製作しないといけないという訳です。

コンクリートの型枠って、簡単そうで簡単ではありません。依頼先からいただくのは完成形の製品図面です。それを雌型にするわけですが、雨水を排水する微妙な勾配があったり窓との取り合いがあったりで、全てを反対に作るってのはかなり複雑で、頭の中で考えるだけでは混乱して間違いの元になってしまいます。

なので、まずは出来形のイメージを固めるために、完成形のコンクリート製品のスケッチを描くことから始めます。それを基に、型枠自体の出来形をスケッチして、組立の順番や寸法精度を確保するために急所となるポイントを抑えて、「どこからどのようにコンクリートを流し込むか」「流した後のコテ押えができる作業空間が確保できるか」「コンクリートの圧力で型枠が開いたり崩壊しないか」…など、検討に検討を重ねる訳です。

型枠の検討 型枠の検討 型枠の検討

そして無事に打設できたとして、忘れてはいけないのが…「型枠の解体がスムーズにできるかどうか」の検討です。これが案外難しい!組み立てるときは型枠単体の納まりを考えておけば良いのですが、解体時は硬化したコンクリートが密着しているわけで、バラシのツボを押さえておかないと最悪の場合「バラセない」という事態も起こり得るわけです。特に今回は海外に持って行って繰り返し使うと言うのですから、失敗は許されません。

型枠の試作 型枠の試作なので、「まずはやってみなくてはわからない!」ということで、試作の型枠を作って実際にコンクリートも打設してみました。やってみると、わかるのですよ!いろいろな事が!

ほぼほぼイメージ通りにできたところや改良が必要なところ、逆に過剰すぎるところなど、それらを図面にフィードバックして…いよいよ本番の製作です。これが冒頭の「怒涛の1月」の全容でして、ようやく先日、横浜港の倉庫に納品を済ませてきたところです。

四季の家工房の大工達はこういった「わけのわからない仕事!?」であっても、全然抵抗なく受け入れてくれるのです。未知なることにチャレンジをする時には明るさと言うか、ある意味能天気なまでの根拠のない自信が本当に助けになります。いや、根拠がないのではなく、「これまでやってきたことを応用すれば何とかできる」という自信なのです。…と言ってホッとしていたら、またまた型枠のご依頼をいただいてしまいました。まことにありがとうございます。あ、型枠は型枠でちゃんと作りますけど、四季の家工房の本業は「家づくり」です!誤解なきよう!(笑)
  小野  
2018.01.23
怒涛の1月が終わろうとしています。例年、建築業って1月は暇なパターンが多いのです…そりゃ、そうです。年末に「年内になんとか!!」という仕事をこなしてお正月を迎えると新年早々いじる現場もなくなるわけで、新しい普請事も「節分が明けるまではおとなしくしてましょ」という感じで、まぁ1月は暇な年が多いのです。

当然ながら営業的にはキツイのですが、これもひとつの季節感かなぁと思うと、世知辛い世の中にあってある意味贅沢な仕事かもしれません。贅沢と言っても、取り立てて儲かるわけでも休みが多いわけでもないのですが、季節の移り変わりとか日本の文化風習などに逆らわず大きな流れの中で働かせていただく…という建築の仕事も悪いものでもないなぁと思ったりもするのです。現代の経済活動の中では、農業や漁業の次くらいに季節感を感じられる仕事かもしれませんね。

1月はお正月とか、4月は入学式とか、8月は夏休みとか、そう言った暦や節目に従って人間の動きが受ける影響はけっこうあるものです。例えば、新居の建築とあわせて小学校の入学を控えている方でしたら、4月の新入学に間に合うように入居していただかなくては転校とか越境通学とか余計な負担が増えてしまったり…、あるいはリフォームをお考えの方でしたら、大型連休に家の中の片付けを済ませて連休明けから着工するとか、お客様によってご都合も違いますが、これも季節感と言って良いかと思います。

こうした暦とか数字で割り切れない、もっと漠然とした季節感もあります。「暑くなった」とか「寒くなった」などは、例えばコンクリートを扱う基礎工事や壁塗りをする左官屋さんにとってけっこう大きな影響があります。

例えば今時分の外壁の塗り仕事などですと、「凍ててまうで、春までまとまい」と岐阜弁だとこんな感じなのですが、要は寒い時だとせっかく塗り付けた壁も凍害を受けて、もぁもぁっとムラが浮き出てしまったり、表面の水分が凍ってしまって剥離を起こすことがあるのです。なので、春まで待ってから塗りましょうという意味なのですが、かと言って夏は夏で問題が起こります。余りにも暑くなりすぎると、水で練った左官材料の水分が蒸発するのが速すぎて困ったことになります。

コンクリートやモルタルが「乾く」と言いますが、実はこれは間違いでして…これらの材料は水と反応して硬化することで強度が出るので、硬化する前に乾いてしまうと肝心な水分が不足して反応を起こせず、硬化不良を起こしてしまいます。だから、工程が遅れたりして寒くなってきたり暑くなってきたりすると、「うわ〜、やばいやばい」と焦ったりもするのです。これはほんの一例にすぎませんが、建築にはこういうことがいろいろあるのです。

現代の僕たちであっても季節や天候には逆らえずに…逆らえないと言うよりは折り合いをつけて季節と向き合うと言った方がしっくりくるかと思いますが、僕たちより3世代とか4世代くらい前の大工はもっと自然の流れに寄り添って仕事をしてみえたのではないかと思います。材木だって、現代の僕たちは材木問屋に電話するだけで乾燥して寸法も整った材料が一年中手に入りますが、昔は山から伐り出していたわけで、それには11月以降の木が水を落とした時期でないと伐りだせない訳です。

また、昔の田舎の大工は多くの方が兼業だったわけで、田植えや刈り取りなどをイメージしつつ、梅雨や台風シーズンなどに微妙な工程が重ならないように…とか、更には、祭りとか盆正月とか地域ごとの様々な行事なども含めて一年の計画を立てていたのだと思います。建築行為そのものが自然のリズムの一部のようだったのでしょうね。

で、冒頭の怒涛の1月って…?書いているうちに話が違う方に行ってしまったので、これはまたの機会に!
  小野  
 
2018.01.01
あけましておめでとうございます。

私たちにできることは、「木」を使ったモノづくりです。今年もお客様に喜んでいただける「モノづくり」ができるよう、努力邁進して参ります。

今年も四季の家工房をよろしくお願い申し上げます。
  小野  
 
最新<<20172016201520142013>>最初
 
>> 最新の日記に戻る
 
 
 
四季の家工房
〒501-2259 岐阜県山県市岩佐189 (地図
TEL:0581-52-1714 FAX:0581-52-1860
info@shikinoie.net