岐阜と愛知で一生愛着の持てる家を自由に建てる!
大工と造るデザイン住宅が「あなたの家」を実現します。

 
 
細かい仕事もお任せください
 
 
完全自由設計の新築/リフォーム
間取りにこだわった木の新築デザイン住宅
四季の家工房のスタッフは全員が大工を経験しています。その大工経験者が現場の視点で造る、住む人がずっと満足し続ける家…これが、四季の家工房がたどり着いた「家づくり」の答えです。
>> 本当に「いい家」ってどんな家?
四季便り
2018.10.02
スランプです!…いやいや仕事ではないですよ。仕事はちゃんとやってます!おかげさまでそこそこ忙しくさせていただいて、ありがたい次第です。何がスランプかと言うと…これ、これです、四季便り!何か書かなくてはいけないと思ってパソコンには向かうのですが、打ったり消したり、打ったり消したりで、ちょっとも文章になりません。

気分を変えて紙に書いてみようと思って鉛筆を手に取ったりもするのですが、一行書いてみて出だしがすでに気に入らず、線で消してみたり、何本も線を描いているうちにそれが矢印になったり、四角や三角や波模様や、ぼぉ〜とした頭の状態で意味のない図形を描き並べたり描き重ねたりで…ある意味楽しいのですが…はっと我にかえって、くしゃくしゃポイ。こんなことばかり続けてます。

「そもそも、なんでオイラは文章書けるんだ?(書けてたんだ?)」なんてことを思い返してみると、それこそ小学生の頃から作文は得意だったような気がします。得意と言うか、特に好きだったわけではないのですが、作文であまり苦労した記憶が思い当たらないのです。

特に読書感想文。友達たちは読書感想文を書こうと思ってもアラスジしか書けない、あるいは何も書けない…と、とにかく読書感想文の宿題が出たりすると大変なブーイングだったりするのですが、僕にとってはかなり楽な宿題だったように思います。なにせ、感想を書けばいいだけなので、自分で創作したり調べごとをしたりする必要もないし、そもそも読書はそこそこ好きだったので、あとは読んで感じたことをそのまま書けば良いので、僕にとっては楽勝な宿題だったんですよ。いやな子供でしょ?(笑)

で、感じたことって言うのも限りなく自由で、どう感じるかは人それぞれで、計算問題のようにひとつの正解があるわけでもなく、人と違う感じ方をしたとしてもそれは減点にはならなかったのです。感じる範囲ってのも自由で、ひとつの小説の中で感じたことにとどまる必要も全然ないわけで、ある物語で感じたことがどんどん飛躍して、別の何かとつながって結論に向かって行っても良いわけで、むしろそういう展開の方が先生にうけてたかも?と思われます。

まぁ、今で言うところの引き出し…自分の中に引き出しがあって、そこに納められていた情報が何かのきっかけでバチバチっと化学変化を起こして、別の何かが生まれる、みたいな感覚です。そこにもって、そこそこ読書量があったためか、なんとなく体裁を整えて読むに堪える文章にまとめてしまうというこざかしい能力もあったみたいで、しかも、文章が書ける子供ってのは「頭の良い子供」と勘違いされるというおまけまでついて…ホント、嫌な子供だったわけですね。

そんな僕がとても頭を悩まして、大の苦手だったのが「詩」です。詩を書けと言われて紙を渡されても、一言も言葉が出てきません。詩のように曖昧でいかようにでも受け取れるような言葉の世界よりも、ちゃんと説明しきれるような文章の方が自分にはしっくりくるのです。先生は「ありのままを文字にすればよい」と指導してくれるのですが、僕の場合ありのままを文字にすると普通の文章になってしまうのですよ…。

まわりの友達が数行の詩をさっさとまとめて提出するなか、僕は書いては消し、書いては消し、ひとり苦しんでいたように思います。今でもその傾向は残っていて、寄せ書きに短いコメントを求められたりすると、かなり困ってしまったりするのです。

…ということで、スランプをネタに四季便りを書いてみました。これって、スランプ脱出???
  小野  
>> これまでの日記はこちら
 
更新履歴
2018/10/04 住宅リフォームの施工実績に「岐阜県岐阜市 K様邸」を追加しました。
2018/10/02 四季便りを更新しました。
2018/09/04 今までの工事実績」に2018年8月の工事実績を追加しました。
>> 今までの更新履歴はこちら
 
 
 
完全自由設計の新築/リフォーム
〒501-2259 岐阜県山県市岩佐189 (地図
TEL:0581-52-1714 FAX:0581-52-1860
info@shikinoie.net