岐阜と愛知で一生愛着の持てる家を自由に建てる!
大工と造るデザイン住宅が「あなたの家」を実現します。

木の温もりの新築デザイン住宅 四季の家工房  
 
細かい仕事もお任せください
 
 
トップページに戻る
 
完全自由設計の新築/リフォーム
お客様の声(岐阜県瑞穂市)
 
T様(岐阜県瑞穂市)
前略
木々の緑も映え、陽射しも強く暑さを感じる季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、この度はT邸を新築するにあたり、皆様にはひとかたならぬご協力と、並々ならぬご尽力をいただき、誠にありがとうございました。私をはじめ家族一同、心より感謝しております。

思えば漠然と家を持つことを考え始めた数年前、具体的に行動を始めた2年前には、皆様にお世話になることになろうとは思いもしませんでした。ハウスメーカー、もしくは工務店にお願いするものだという浅はかな考えしか持ち合わせていなかった私達ですが、とある新聞記事がきっかけとなって、小野さんと出会えたことが全ての始まりであったと思います。

考えてみれば、私の両親が家を建てた時も、建築士さんを通じてではありませんでしたが、大工さんに頼み、大工さんが左官屋さん、瓦屋さん、といった職人さんをそれぞれ連れてくるというやり方をしていたものです。もちろん今回の新築については、小野さんを抜きにしては語ることはできませんし、小野さんがいて下さったからこそ、腕に覚えのある職人の皆様方=本当の意味でのプロフェッショナルとお会いでき、それぞれの技能を存分に発揮していただけたのであり、素敵な家を創り上げていただけたのですが、皆様の「いい家を造ろう!」という思いがあってこそ、そしてそれが私達の「いい家が欲しい」という思いと一体となってこそ、こんなに素晴らしい家ができたのだと思います。

事実、数少ない中ではありますが、わが家を訪れていただいた人達からは「素敵な家ですね」と目を輝かせるようにしてほめていただいています。また、多少なりとも建築関係に携わっている方には、外見だけでない中身について…素材はもちろんのこと、皆様の「腕」が見え隠れする部分についても…感嘆の声をいただいています。わずか3ヶ月余りの間ではありますが、そのような声をいただく度に、嬉しく、ちょっぴり自慢に思うと共に、自分の家を造るかのように全力を注いでいただいたのであろう皆様への感謝を思わずにはいられません。

家は3回建てると満足のいくものになると言います。残念ながら私達一般庶民にとっては、否、少なくとも私達家族にとっては、どんなに頑張ったところで、皆様に造っていただいたこの家が唯一最初で最後の家になることでしょう。ですが、私達家族は幸運にも非常に満足のよく家を手に入れることができました。

もちろん、私達は自分達の生活空間、生活環境、ライフスタイルを良好な形で毎日そこに住んでいたいという強い思いがあり、それを【実現してくれるであろう「家」には、強いこだわりを持っていたと思います。間取りしかり、デザインしかり、素材、肌合い…。そして自分達なりに勉強して、小野さんをはじめとして、皆様と意見を交わしながら、より良い、否、より私達に合った家を追求する努力をしてきたつもりです、しかし、一番肝心なことは、そうした私達の思いを酌みとって、良い家を造ろうと頑張っていただいた皆様の心意気、働きがなくては、こうした家は建てられないということです。その点、私達は皆様というパートナーを得ることができ、本当に幸せであったと感謝しておりますし、皆様と出会えたことこそが家の新築という人生の一大事業を成功させることができた最大で唯一のポイントであったと考えています。

あるメーカーはこう言いました。「工場で生産していますから、狂いもなく正確です。品質に関してはお任せ下さい。」

モノ作りには決して明るくない私ですが、研修と言う形ではありますが2年程トヨタ系メーカーに勤めていたこともあり、品質の重要性については理解しているつもりです。その私が考えるに、先のメーカーの発言にあるところの品質とは「工場品質に過ぎない」と思っています。家を建てるには部材、素材の品質・精度だけでなく、土地のもつ条件、周辺環境など家全体の品質を左右することになる大きな要素が数多く存在します。(ご近所さんとの関係もそのひとつだと思っています。)

そうした家づくりにおいて、いくら工場品質を自慢したところで所詮は「工場での品質」にすぎません。狂いもあり、精度も異なる部材、素材がある中で、現場の状況、条件、そして建て主の意向等に合わせ、職人さんが持てる技術と発想を最大限発揮していただいて、BestではなくともよりBetterな、よりBestに近い家づくりをしていただくことが、家全体としての品質を高める唯一の方法であると私は思っています。その点において、我が家は皆様のおかげで誰に対しても、何に対しても「良い家です!」と胸を張って言える品質を備えていると思います。

さて、3ヶ月余りをこの家で過ごしていますが、非常に快適です。前の家=アパートと決定的に異なるのは、「空気が違う」ということです。とはいえ、何となく肌で感じていたものの、それが何かイマイチ気付いていなかった私に、この事を教えてくださったのは手直しにきていただいた建具屋さんのひとことでした。

「おーっ、新建材使ってないんだねぇ。やっぱり空気が違うよ」と仰ったのですが、その言葉におもわずうなずいてしまいました。そう「安くて良いものを」と言いつつも素材にはこだわった家を求めた結果として、新建材がほとんどんない家ができましたが、前の家で感じた刺すような感覚刺激を感じることがないのです。建具屋さんが仰るとおり「空気が違う」のです。家が、家族が日々暮らし睡眠などをとる場所の空気が、刺激のないやわらかいものであること。それは私にとっては非常に大切なことです。

何かとりとめのない文章で長くなってしまいました。いずれにせよ皆様方が心を込めて造っていただいたおかげで(ちょっぴり私達夫婦のこだわりもあり)素敵な家が完成しました。とはいえ、外構、庭にはまだまだ手をつけておらず、まだまだ未完成な家であり、これから造りあげていく部分も多い家です。

家が完成したから皆様とのお付き合いは終わりということではなく、この家がある限り、皆様とのお付き合いが続くと思っています。これからも心を込めて良い家を造り続けて下さい。どうもありがとうございました。これからもよろしくお願い致します。
平成17年6月吉日
お客様の声 お客様の声 お客様の声 お客様の声
 
四季の家工房より
T様は、建築の本質と言うか建設業界の矛盾のようなものをよく勉強されていて、折に触れて言葉や文字やブログなどを用いて発信してくれました。私はもとより、職人さんたちにとってもいい意味で刺激になったと思います。そもそも、職人のお客様が「建て主」であるのは当たり前のはずですが、現実はそんなにシンプルではなく職人のお客様は「建て主」ではなく「元請け工務店」になってしまっています。

そこのところがどうにも腑に落ちず、建築原価を明示した分離発注方式と言う一見ややこしい手法を取っています。ご理解ご共感を頂いた上で、ご依頼頂けるお客様には感謝感謝です。…でも本当はややこしくなんかないんですよね。人間同士の繋がりとしてはいたってシンプルな関係です。T様はそれを直感的に理解して下さいました。

さて、先日2年目の点検でご訪問させて頂きましたが、綺麗に使って頂いていて嬉しい限りでした。外壁のそとん壁については少々クラックが入ってしまいました。そとん壁は初めて手にする建材でしたが、施工実績のない私たちに挑戦する機会を下さった事は心より感謝しております。

おかげさまで経験を重ね、現在では定番の外壁材として自信をもって提案できる素材になりました。T様にはご迷惑をおかけする結果になってしまいましたが、今後とも点検と補修は続けていきますので、ご理解をお願い致します。
 
このお客様のこだわりの家はこちら
 
>> お客様の声一覧に戻る
 
 
 
四季の家工房
〒501-2259 岐阜県山県市岩佐189 (地図
TEL:0581-52-1714 FAX:0581-52-1860
info@shikinoie.net