岐阜と愛知で一生愛着の持てる家を自由に建てる!
大工と造るデザイン住宅が「あなたの家」を実現します。

木の温もりの新築デザイン住宅 四季の家工房  
 
細かい仕事もお任せください
 
 
トップページに戻る
 
完全自由設計の新築/リフォーム
家と住宅のよくあるご質問
 
お奨めの暖房器具はありますか?
お奨めの暖房器具よりも先に、「使わない方が良い暖房器具」を述べさせて頂きます。

石油、ガスを問わず「開放型」と呼ばれる暖房器具は使用されない方が良いと思われます。いわゆる、ファンヒーターや石油ストーブのような室内で燃焼させる暖房器具ですね。これらの暖房器具は燃焼時に多くの水蒸気を発生させますので、結露の原因になりかねません。

お奨めの暖房器具は、オール電化住宅であれば「蓄熱暖房機」はいかがでしょうか。仕組みは単純で、電気代の安い深夜電力を利用してレンガを高温に焼き、昼間は自動的に電源を切って蓄えた熱 を放出させます。ほんわかとした暖かさが一日中安定しているのが特徴で、朝起きる時や帰宅時なども非常に快適です。設置する台数や建物の規模にもよりますが、真冬の本当に寒い日は蓄熱暖房機だけでは能力不足なので、補助暖房も欲しくなるのがデメリットですね。

ガスや灯油をご利用の場合は、排気を強制的に室外に排出する「FF型」と呼ばれる暖房器具がお奨めです。いずれにしましても、蓄熱暖房機もFF式暖房器具も設置が必要になりますので、間取りを計画する段階で設置場所を検討しておかなければいけません。後からでは対応できない場合もございますのでお気をつけ下さい。

部分的な暖房でしたら、通常のコンセントで使えるオイルヒーター等が空気もクリーンでお奨めできます。又、脱衣室やトイレなどには暖房ライトも便利です。暖房ライトとは、多少デザインは無骨なのですが、コタツが天井に付いている…とでも表現したらわかりやすいでしょうか。特にお年寄りのいるご家庭には最適だと思います。夏場は通常の明りとして使えます。

暖房器具の話からは逸脱するのですが、暖房器具に頼るばかりではなく、毛糸の靴下やセーターも再認識してみましょう。私たちの生き方そのものが問われる時代だと思います。
 
関連するよくあるご質問
断熱はどのように考えていますか?
床暖房についてはどのように考えていますか?
ダウンドラフトとは何ですか?
 
>> よくあるご質問 一覧に戻る
 
 
 
四季の家工房
〒501-2259 岐阜県山県市岩佐189 (地図
TEL:0581-52-1714 FAX:0581-52-1860
info@shikinoie.net